健診からのランチと☆

年末の健康診断で「胆泥症」と診断されたココ。
以来、奔放だったおやつの与え方を改め1月からはおやつは
チキンとさつまいもそしてターキーだけに制限してみました。
(おやつ大好きなココ、きつかったよねー、がんばりました!)
そして、本日胆嚢を確認するべく、血液検査と超音波でココの胆嚢を健診していただくと、
血液検査はOK、超音波検査ではまだイマイチな結果。
今度はフードを1種類に限定して、1ヶ月後にまた健診で確認することになりました。
動物病院に行く途中、乃木坂から青山霊園の桜の下を通りました。
まだ、開花刃先のようです。

IMG_4763_convert_20170323171004.jpg
動物病院を後にして参宮橋の『anea cafe』でランチすることに、途中で満開の梅?に遭遇。

IMG_4765_convert_20170323171035.jpg

今日はお休みなので、泡泡頼みました。

IMG_4777_convert_20170323171314.jpg

羨ましそうなココ&ファニィ
「私たちにはないの-?」

IMG_4774_convert_20170323171244.jpg

「あるよ!!」
食事制限は明日からで、せっかくなので、チキンを頼みました。

IMG_4770_convert_20170323171103.jpg

いざ、実食!!

IMG_4773_convert_20170323171216.jpg

お店にくるとテンション下がるファーちゃん。
おねむモードになり始めました。
行儀が悪いのですが、テーブルの下から撮った写真。

IMG_4779_convert_20170323171340.jpg

ファーちゃんを撮っていると、ココが察して、

IMG_4780_convert_20170323171404.jpg

隣でフセ、ちなみこれはおやつを要求のフセ。
このあと、代々木公園に行きました。
そのお写真はまた後で。

IMG_4781_convert_20170323171430.jpg
スポンサーサイト

胆泥症☆

年末ギリギリでしたが、本日ココ&ファニィ健康診断を受けました。
夫に健康だからいいのでは?とも言われましたが、
データを取ることが目的なのでは反対を押し切り受診しました。
(病気になったときに数値の比較ができるので)
「結果を聞くと、ファーちゃんは歯石以外はすごぶる健康優良児(犬)で、
心配していた膝蓋骨も問題ないそうです。
一方ココは肝臓の数値が悪く「胆泥症」と診断されました。
長くお世話になっている先生だったので過去の数値を振り返りながら説明してもらい、
確かに数値が高いことを確認しました。

このまま放っておくと肝臓の病気に発展しかねないとのことだったので、
まずは食習慣飲み直しをすることになりました。
同じようにフード+オヤツを与えていてもココだけ異常値が出るということは、
体質の差があると言うことになります。

とは言え、ファーちゃんは問題なくてもココに数値野以上がでてるので、
先生から食生活の見直しは必須とのアドバイスを受けました。
思い当たる事と言えば、おやつです。
食事だけでは取れないビタミンやミネラル、良質脂肪の摂取目的に与えているつもりでしたが、
今回は今までのオヤツの給餌量や質を見直して、粗脂肪5%以下のオヤツに限定して与えることに決めました。

IMG_4188_convert_20161229190812.jpg

ココだけこのサプリメントをご飯に追加することになりました。
2ヶ月後また健診をして、結果報告となります。

IMG_4185_convert_20161229190838.jpg

インドアドッグランと健診結果☆

花冷えがするぐらい寒かった今日はココ&ファニィを連れてドッグランへ行く予定を変更して、
近所のインドアドッグランに行きました。
ここは「犬のようちえん」でお世話になっていた場所です。
ちなみにこの写真はココさんはマテの練習。
インドアでしたがココは私の指示を無視しました。
最近ではおやつを見せないと注目しなくなってきているので心配です。

DSC03832_convert_20160324201411.jpg

ファーちゃんはずーとボール投げに没頭してました。
私とファーちゃんのルールでオスワリしたらボールを投げてあげます。

お写真がありませんが6ヶ月のペキニーズ×ポメラニアンの男の子が後から来ました。
とってもフレンドリーで遊ぼう遊ぼうと誘ってくれるのですが、
ココ&ファニィはギャン吠えでごめんなさい。

DSC03831_convert_20160324201347.jpg

帰りは、晴れていたので歩きました。
噴水前でのショット

DSC03838_convert_20160324201459.jpg

ちらほら桜が咲き始めていました。

DSC03841_convert_20160324203500.jpg

おでん屋さんとラムネ屋さんが隣り合わせにありました。
今日は確実におでんの勝ちでしょう。

DSC03847_convert_20160324210242.jpg

さて、先日のワクチン接種時に受けた血液検査の結果がでました。
ココさんは全て正常値で問題無しでした。

DSC03850_convert_20160324203725.jpg

ファーちゃんは「総タンパク」の数値が低い。
それに連動して「クレアチニン」低いのですがこれは問題無いようです。
過去3年のデータを遡ってもそれぞれの正常値だったのでとりあえず大丈夫なようです。
同じ食餌を与えても犬種によって多少数値が変わるそうです。
でも心配なので半年後にもう一度ファーちゃんは血液検査を受けることにしました。


DSC03851_convert_20160324203810.jpg

フィラリア検査とワクチン接種☆

昨日はフィラリアの検査とワクチン接種で動物病院へ行きました。
1月の来院(→☆)依頼2ヶ月ぶりの訪問です。
ワクチン接種後は安静が必須ということもあり、とりあえず本日のお散歩を済ませるため自宅から浅草にある動物病院まで
地道に歩きました。
ちなみにグーグルマップで検索すると徒歩52分の距離でした。
実際にはココの事情調査(クンクン)にお付き合いすると9時半にお家を出て10時45分に着いたので1時間ちょっとという所です。

動物病院の前についた瞬間テンションが下がったココさんです。
毎回ルートを微妙に変えるのですがやっぱり分かっちゃうんですね。

それでも本日のメニュー(ワクチン、フィラリア検査、血液検査、健診)大人しくこなしました。

DSC03675_convert_20160313174335.jpg

メチャクチャ緊張してますね(笑)

DSC03676_convert_20160313174403.jpg

続いてファーちゃんもワクチン接種とフィラリア検査、血液検査、健診を難なくこなしました。
右後ろ足の膝蓋骨は相変わらずレベル2です。
獣医師の先生からは、
1,今の体重をキープする
2,筋肉をつける(運動=散歩)
3,高い所に登らない
を気をつけるようにと念をおされました。
筋肉をつけるためにお散歩もありますが、食事については鶏のささみとか
ドライフード以外もあげてみようかと検討しています。

DSC03677_convert_20160313174433.jpg

そして気になったのがシッポの毛が抜けていたこと。
耳やシッポは血液の循環が悪くなりやすいので毛が抜けたり欠けたりすることがあるのだとか。
ホットタオルを当てて血行を良くしてくださいとのことでした。

DSC03680_convert_20160313174505.jpg

さらに今回は血球検査、生化学検査20項目が半額だったので一緒にお願いしました。
フィラリア検査はココもファニィも陰性でワクチン後も安静にして特に問題ありませんでした。
次回は4月に狂犬病の予防接種です。
普段健康と思っていても動物病院に行くと飼い主が気づかないことがあったりします。
やはり定期健診は大事だなって思いました。

定期健診☆

大雪の予報に反して穏やかな週末だったココ&ファニィ地方。
それでも風が冷たい。

DSC03239_convert_20160125072425.jpg

この日のお散歩は日向を選んで歩きました。

DSC03240_convert_20160125072448.jpg

いつも立ち寄る『上島珈琲』さんで休憩。

DSC03242_convert_20160125072828.jpg

その後、向かった先は動物病院。
定期健診と無麻酔歯石除去をお願いしました。
ココは2.5㎏で痩せたかな?と思ったのですが、
ちょうどよいみたいでこの体重を維持しましょうと言われました。

DSC03252_convert_20160125072913.jpg

ファーちゃんは1.35㎏でした。
やはりこの体重を維持するようにとのことでした。
獣医さんは基本体重が増えないよう注意するのですが、
ファーちゃんの場合は体重が減らないように気をつけないといけないので、
もう少し増やしたほうがよさそうです。
膝蓋骨が外れやすいのでソファなど高い所へのジャンプは厳禁とのことでした。
お散歩して筋肉をつけることはOKみたいです。

DSC03253_convert_20160125073007.jpg

歯石除去になると夫と私は待合室で待機。
するとワンワンと吠える声が、
激しく鳴いているので心配になり看護師さんに
「ココですか?」と聞くと「ココちゃん嫌がって鳴いていますよ」
えーっ今まで鳴くこと無かったのに!
術後ココは大変だったと先生が仰っていました。
それよりもファーちゃんはおとなしくて手がかからなかったようで、
ファニィちゃんは一人でも出来そうなくらい上手でしたよと驚いていました。
飼い主としてはココの鳴き声にショックを隠せませんでした。

それでもココ&ファニィ健康面で問題がなかったのでよしとしましょう。
次回の健診は4月です。